観葉植物を扱う上での注意点

###Site Name###
TOP > 観葉植物を扱う上での注意点

観葉植物は扱いが悪いと腐ったり枯れてしまいます、ただちょっとした気配りをする事で最悪の事態さは避けられます。


例えば水のやり方の注意ですがジョウロだけであげるのは避けましょう。

これ以外にも霧吹きが必要になります、ジョウロは土に水を与えるのに必要ですが霧吹きは葉っぱに水分を与えるのに必要なのです。


土に水分があれば自然と葉っぱにも水が浸透しそうですが元々水分不足に陥っていた場合にはこれでは足りません。

観葉植物リース情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

あと水を与える時は受け皿に水が出てくるまでやりましょう。
土の隅々まで湿らせる必要があるからです。

そして受け皿にたまった水はそのまま捨ててください。


大体水をやるタイミングですが土が乾いてきた時にやるのが正解です。


実際に触ってみてパサついた印象があるときにやるといいでしょう。

あまり水をやりすぎますと腐ってしまいますので一日に何度と決めるのではなくその時の状態によって決めてください。


そして観葉植物はあまり直射日光に当ててはいけません。



外で育てる植物にとって光合成は必要で日光はとても大事な存在ですが室内で育てる観葉植物の場合は違います。


あまりにも日光に当たりすぎると枯れてしまうので注意です、だからと言って全く日光の当たらない場所に置けばいいというものではなく適度に日当たりのいい場所に置いてください。


時間帯によって日当たりは変化するものですがあまり変化しない場所を選びましょう。



これで初心者でも観葉植物で失敗することはありません。